about chibitama
チビ玉の誕生から現在までの歴史をご覧いただけます。

下の家紋をクリックするとスタートします。
家紋
チビ玉の語源
今から年前・・・・・

若葉劇団・座長 若葉しげる氏は当時、劇団に所属していた白龍光洋くん(当時11歳)に
女方の名優・坂東玉三郎さんにあやかって【ちびっ子玉三郎】と名付けたのが始まりです。
男子が【女方を演じる】という絶対条件がありました。

チビ玉とはちびっ子玉三郎を省略した愛称なのです。
前へ | TOP | 次へ
チビ玉三兄弟の誕生
今から年前・・・・・

神経質な紫(当時11歳)・・・
出たとこ勝負の市之丞(当時9歳)・・・
赤ちゃん言葉の残る竜や(当時4歳)・・・
幼いながらも、女方までこなしてしまう三人兄弟。

そんな彼らについた名前・・・
【チビ玉三兄弟】だったのです。
木更津くずし
左・市之丞、中・竜也、右・紫による木更津くずし
大衆演劇界から・・・
大衆演劇界の老舗劇団である若葉劇団で
看板役者として大活躍していた平成5年・・・

【今夜は好奇心】(フジテレビ系列全国ネット)
という番組でお茶の間に登場して以来、
【金曜エンタテイメント】(同系列)等のシリーズ
ドキュメンタリー(制作:テレコムスタッフ)で
取り上げられ、全国的に【チビ玉三兄弟】の名が
知られるようになりました。
金曜エンタテイメント
新チビ玉三兄弟
平成11年5月7日 若葉紫 当時17歳。
長男である紫は、一人の女方俳優として
女方の頂点を極めたい、という自らの強い意志で
チビ玉三兄弟卒業を発表。
同時に若葉劇団の副座長を襲名。
紫の卒業に伴いチビ玉三兄弟の再編成をしなければ
ならなかったのです。
新リーダー 次男・若葉市之丞
中堅    三男・竜也
新たに四男・克実を加え・・・
新チビ玉三兄弟が結成されたのです。
左・竜也、中・市之丞、右・克実による木更津くずし
木更津くずし 新
新生若葉劇団誕生
平成12年3月31日 Tour1999の千秋楽。
チビ玉達を初舞台の時から見守っていた祖父
若葉しげる氏との離別の日・・・
そして若葉劇団からの独立の日・・・
Tour1999の初日に若葉劇団副座長を襲名した紫は
一年後・・・
新生若葉劇団の座長として
大きな一歩を踏み出す事になったのです。
【ご報告】
いつも新生若葉劇団ならびに新生若葉五兄弟を応援してくださり誠にありがとうございます。

この度、新生若葉五兄弟、新生若葉劇団は平成29年2月を持ちまして解散させていただくことになりました。
五人それぞれの個性を生かすことを目的とした劇団でありましたが、それぞれが活動の場所を変え、
これ以上劇団を維持していくのが難しくなり、このような結果となりました。
長い間、応援してくださりました皆様に、このような形でのご報告になりましたことを深くお詫び申し上げます。
個人での芸能活動に進むもの、芸能活動に終止符を打つものと、五人の道は別れてはおりますが、
これからも暖かく見守って頂けましたら幸いでございます。

新生若葉劇団の一員として支えていただきましたキャストの皆様、
影から支えてくださいましたスタッフ、関係者の皆様、
本当にお世話になり、誠にありがとうございました。

そして、長い間応援をしてくださりました皆様、
本当に本当にありがとうございました。
平成29年2月 新生若葉五兄弟
前へ | TOP | 次へ